【幼児期の英語教育】失敗しない教育方法や教室選びのポイントを紹介

子育て

子供に何か習い事をさせたいけれど、いつから何を始めさせようか悩んでいる方も少なくありません。親の気持ちばかりが焦りがちではありますが、冷静に考え判断し、子供に寄り添いながら身になる習い事を選びたいですよね。ここでは幼児期の習い事の中でも人気の高い英語教育について、失敗しない教育方法や教室選びのポイントについて紹介します。

幼児期の英語教育ニーズは高まっています

東京オリンピックを目前に控え、訪日外国人は過去最多を記録し、ビジネスだけではなく、プライベートでも今後外国人と接する機会というのは、増えることが予想されます。小学校の英語教育においても、今まで小学校5年生からスタートしていた英語の授業も2020年より小学3年生にスタート時期が引き下げられます。小学校の英語教育に備えた準備のためにも、将来グローバル人材として活躍できるようになるためにも、幼児期からの英語教育は必須と言えるでしょう。ここでは、幼児期の英語教育における教育方法の種類や選び方のポイントについて紹介します。

幼児期の英語教育方法や教室どうやって選ぶ?

幼児期の英語教育に関する教室や教材には色々な選択肢があります。いざ子供に習わせようと思っても自分の子供にはどんな教育方法が合っているのか、本当に続けられるのかなど頭を悩ませる親御さんも多いのが現実です。日本人が英語を習得するためには、およそ2000時間が必要と言われています。継続は力なりと言う言葉の通り、まずは英語に興味を持ち、好きになり、続けることが一番重要だと言えます。ここでは、失敗しない英語教育方法の選び方として、教育方法の種類や
選ぶ際のポイントについてまとめていますので、参考にしてみてください。

教育方法の種類

幼児期に英語教育を受けさせるための方法としては、色々な方法があります。まずはどんな教育方法があるのかを見ていきましょう。

自宅学習型英語教材

言わずとも知れた、英語教材を利用し自宅で親が子供と一緒に英語を学ぶ方法です。とても有名なところで言いますと「ディズニーの英語システム」が代表例と言えます。英語教育を考えたことのある親御さんが1度は本気で考える教育方法ですね。最近では、自宅学習に加えて教室も併設している教材などもありますので、組み合わせて受講するという方もいるようです。

教室

最も一般的な教育方法で、週に1~2日通う教室タイプの英語教育です。 実際に習い事として英語を選択した方の多くがこの教室タイプの教育方法を選択しています。 スクールによっても、レッスン時間や内容などは異なりますので、事前にどういった方針で教育を行っているのか、また近くに教室はあるのか、など検討する際には色々と調べておくことが大切です。

オンライン教室

最近増えてきているのが、オンライン英会話スクールです。IT社会と言われるほど、パソコンやスマートフォン、タブレットなどが一般家庭にも普及している中で、自宅にいながらレッスンができるとして、人気が高まっています。まだあまり子供向けのカリキュラムなどを実施している教室自体は少ないですが、場所を選ばずに全国どこにいても受講できるのは魅力的です。

お預かり

学童保育やお預かり時間を利用して、その時間英語だけの生活環境に、子供をお預けしながら学習できる新しいタイプの英語教育方法です。未入学時はもちろん小学生に入っても、英語だけで話す時間を持つことで、自然と英語が身につきます。

教育方法や教室を選ぶ時のポイント5つ

1)教育方法を選ぶ

まずは上にも挙げた用に、幼児期の英語教育と言いましても、色々な方法がありますから、教育方法の種類を理解し、どの方法が子供に向いているのか、親としても納得できるのかを選びましょう。この方法選びを間違えてしまうと、英語への興味関心が持てなくなってしまったり、継続することが難しくなる可能性もありますので、慎重に選ぶ必要があります。

2)教育方針や学習内容の確認

方法が決まったら、その方法を取り入れている、教室や教材を選びましょう。選ぶポイントとしては、その会社が目指しているところがどこなのか、(英語に親しむこと・発音を忠実に再現すること・無理なく語彙力を高めることetc…)を事前に確認しましょう。各教室や教材によっても目指しているところは異なりますので、それぞれの特徴を見比べて子供にあった方針を選ぶことが大切です。

3)近くに教室があるかまた受講可能かどうか確認する

自宅学習教材や、オンライン教室などではあまり関係がないですが、スクールやお預かりなどを検討している場合には、現実に通える範囲に、教室があるかどうかを確認しておきましょう。スクールによっては、送迎を実施しているところなどもありますので、そちらも確認しておくと良いでしょう。

4)月謝の確認

幼児期の習い事にかける相場としては、所得により幅はありますが、およそ8,000円~20,000円の間と言われています。英語教育は特に教材費やレッスン内容により価格に幅が出るので、事前に月謝の確認はしておく必要があります。中には、公式サイトなどで、価格を好評していなかったり、見てもよく分からないという教室も多いので、比較検討する際には資料請求や体験に参加し詳しく説明を受ける事がおすすめです。

5)実際にその現場を体感する

先生やスタッフ、外国人講師にもいろいろな人がいます。まずは実際にその場へ行き、体感することがその教室を理解する一番の近道です。体験レッスンを受ける際には、子供と先生の相性や教室の雰囲気などによっても、子供が英語を好きなるか、楽しんで通うことができるのか、積極的に取り組めるのかなど、子供の様子をよく観察することをおすすめします。

まとめ

幼児期の英語教育と一言に言っても、教育方法はもちろん、教室選びのポイントにも注意して選ぶ必要があります。幼児期の英語教育をする上で、一番大切なのは英語を嫌いにならないように、自然な形で興味関心を促すことだと言えます。親が納得できない、子供に合わない教育方法や教室に通わせても、英語に対する興味関心が削がれてしまう可能性もあり、逆効果です。幼児期の英語教育を失敗させないためにも、慎重に選び必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました