もう悩みたくない!人間関係 ストレスを溜めないコツは意外な方法だった?!

コミュニケーション

どうして自分はこんなことでくよくよしてしまうの?もう人に振り回されるのはたくさん!人間関係でストレスを抱えたくない人、メンタルに与えるダメージを極力押さえたいと考えている人に試してほしいメンタル強化方法や究極の回避思考を紹介します。

人間関係で受けるストレスは回避できる?

学校に行くにも、会社に行くにも、保育園の送迎得するにも、近所歩くにも人間社会に生きる上で切ってもきりはなせないのが、人間関係。そんな人間関係の中で傷ついたり、嫌な思いしたりすることは、 人に大きなストレスを与えます。

ストレスは言わばメンタルに負うダメージ。もしそのダメージを究極回避できる方法があるとしたら、試してみたいと思いませんか?ここでは人間関係がメンタルに与える影響とその影響を受けてもダメージを受けないための、やメンタルを強化する方法、究極回避思考について紹介します!

人間関係がメンタルに与える影響力は大きい!

人間関係が悪化すると、メンタルに大きな影響を及ぼします。メンタルに影響を及ぼすと日常における行動の変化、考え方の変化には具体的にはどんなこと起こることが考えられるのでしょうか?

学校や職場行きたくない行けない

明日学校にいきたくないな、職場にいきたくないな、そう感じることは、誰しもあると思います。学校や職場では多くの人と付き合わなくてはならないため、人間関係のためのパワーをたくさん消費します。

苦手な人や苦手な仕事、苦手な作業などが続いたりすると、それはメンタルにおいてストレスとして蓄積されていきます。中でも苦手な仕事や作業でも自分が好きな人と行うことができれば乗り越えられるかもしれないが、苦手な人と行うとなればそのストレスは図り知れません。

友達やSNS活動などが億劫になる

不特定多数との関わり合いや文字や画像だけのやり取りでさえ、人間関係は生じます。ネットが普及した近年においては、SNS疲れならぬ、オンライン上での人間関係ストレスに悩む人も増えて来ています。自分では意識していない場所や行動で、人間関係が関与しメンタルにストレスとして影響を与えているということもあります。

ストレス要因が増える

先程からもお伝えしていますが、多くの場合人間関係がメンタルに大きな影響を与えるのは、ストレス要因です。もちろん周りから刺激を受け新しいことに挑戦しようとする 意欲が芽生えたり、仲間意識による安心感などメンタルに与える良い影響力もありますが、それ以上にストレス要因が大きいと言えます。

あなたは大丈夫?当てはまる人はストレス敏感タイプ!

自分で言うのもなんですが、私はどちらかというと結構ダメージを受けやすい(ストレスを感じやすい)タイプなんですが、中にはストレスを感じないタイプの人も中にはいますよね。ストレスを感じやすいタイプの人については以下のような傾向があります。

周りを気にするタイプ

自分が言ったことや行った事に対して、「私間違ったことしてる?言ってる?」「相手は気分を悪くしなかっただろうか?」など、いちいち周りの反応を気にする人は要注意です。相手の立場にたって物事を考える事は大切なことですが、気にしすぎるのは危険です。それが原因でストレスを感じやすくなっている可能性もあります。

理想や思い込みが強いタイプ

自分が思っていることと現実のギャップにストレスを感じるタイプ。真面目な性格で、限界ギリギリまで頑張ってしまう人に、多い傾向にあります。自分ではあまり追い込んでいないつもりでも、
気がついた時にはストレスが溜まっているそんなタイプのあなた要注意です。

相手に変化を求めるタイプ

自分の考え方を変えるのは、自分次第ですが、相手の考え方を変えるというのは自分の努力ではどうにもならない事です。それは頭でも分かっていても、どうしても変わってほしい!という思いから、相手に変化を求め行動してしまうとそれがストレスに繋がります。

人間関係の悩み無用!究極の回避思考とメンタル強化方法

人間関係のストレスが、自分のメンタルを押しつぶす前に、どうにかして回避するか、メンタルを強化する必要があります。自分の性格とも相談しながら、自分に合った方法を選んで実践してみてください。

おすすめメンタル強化方

客観的に自分を見る
人と自分を比べずに、人は人自分は自分と
割り切って行動することがメンタル強化に繋がります。

◆ 規則正しい生活とストレス解消
規則正しい食事と生活は自律神経を整え、結果メンタル強化に繋がります。
合わせて自分だけのストレス解消方法を見つけて、取り組むとさらに高価が高まります。

試して欲しい!究極の人間関係ストレス回避思考

今回私がここでおすすめしたいのがこの思考方法!名前はついていませんが、先生は私の主人です。(笑) うちの主人の仕事は人と多く接する仕事なのですが、彼人間関係においてのメンタルダメージはほぼ0と言ってもいいかもしれません。(羨ましい限りです)

そんな主人のダメージレスな秘密を知りたくて、

tomitomi
tomitomi

どうしてそんなに人間関係においてメンタルダメージを受けないの?

 

「無」になるんだよ。

tomitomi
tomitomi

「無」ってなに?!人の話聞かないってこと?!幽体離脱するみたいな?

いや「無」になりながらも話は聞いているし、受け答えもするんだ。

言葉にするのはとても難しいんだよな。でもとにかく「無」になるんだ。

そう答えた彼。答えになってないですよね。
最後にどこでそれを体得したのか聞いてみたところ…。

実は主人の両親(主にお父さん)は熱心な宗教家でして、小さい頃から主人はその考え方や教えを押し付けられて生きてきました。それがとっても嫌だったようで、その頃の経験が今の「無」につながっているようです。

子供ながらに「無」になることで、両親の考え方を受け入れられないときも消化していたのかもしれませんね。でも今ではその力が、社会で生きていく上でとっても強い武器となっているようです。

まとめ

人間関係において、ストレスを溜めないコツは意外と、何もしない考えすぎないことなのかも知れません。長年かけて培った主人の回避思考「無」は平凡な生活を送ってきた私にとっては、はなかなかすぐに身につけられない力だということは言うまでもありません。私自身は、きっとこれからも他人の一言一句に傷つけられ踊らされながら生きてまいります。

みなさんさんはこれまで紹介した、ストレスを受けやすいタイプと自分の性格を比べて、自分に合ったメンタル強化方法や回避思考法を取り入れてみてください。今より少しでも人間関係ストレス回避をしながら、快適な毎日が過ごせますよう、応援しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました