【退職代行サービ】トラブル回避! 利用における問題点とリスク5つ

仕事

この記事では今話題の退職代行について、どんなサービスなのか?本当に退職することができるのか、トラブルになることなどはあるの?など退職代行サービスにおける問題点とリスクついて説明します。

退職できないこともある?!利用者増える退職代行サービス

この会社にやりがいを感じない。人間関係に悩み疲れた。自分が目指す目標はこの会社で実現することはできない。など、人が会社を退職する時に抱える理由というのはさまざまです。しばらくは悶々と自分自身の中で考えてはいるものの、いざ退職を行動に移すとなるとどうやって上司に話したらいいのか、どう話を進めたらいいのか悩みますよね。

少子化の影響もあり人材不足が続く中、せっかく育てて来た従業員に退職されてしまうということは、企業としてもダメージが大きいもの。こうした背景もあり、退職の意思を伝えた後「今までの恩を仇でかえすのか!」「損害賠償請求をする」などど脅し紛いの引き止めに合う方も、
中にはいるのだとか。

そんな中、自分に変わって退職の意志を会社へ伝え、退職手続きをスムーズに行ってくれる 退職代行サービスを利用する人が増えています。しかしその一方退職代行サービスを利用しても退職できなかった!余計話がこじれてトラブルになってしまったというケースもあるのか心配ですよね。今回はそんな退職代行サービスを利用する上での問題点やリスクについて紹介します。

退職代行サービス利用時に懸念される問題点やリスク

実際に退職代行サービスを利用する際に、知っておきたい問題点やリスクについて紹介します。
事前に内容を理解しておくことで、トラブル回避にも役立ちますので、利用を検討しているという方は、ぜひさんこうにしてみてください。

1.退職ができない

結論から伝えますと、退職ができなかったという事例は現在ではあまり報告されていないようです。そもそも、無期雇用の労働者に関しては、退職の自由が法律で認められています。ですから「辞めたい」という意思を伝えて会社が「辞めさせない」ということは、法律上不可能でありますから、辞められない(退職ができない)という心配はあまりしなくても良い心配かもしれません。

しかし、退職代行サービスはここ数年で急激に成長しているサービスでもあり、サービス提供を行う会社というのも、新しい会社が次から次へと林立して来ている状況です。中には、悪徳と言われるような業者もなきにしもあらずというのが、現状ではあります。しっかりと退職理由や背景などを伝えて、代金を支払ったにも関わらず、会社に退職の意思を伝えてもらえないというなトラブルは今後出て来ることも考えられます。

サービス提供業者を選ぶ際には、しっかりとサービス内容の説明を聞き、理解した上で、決定することが大切です。

2.会社から損害賠償請求をされる恐れがある

会社と結んでいる雇用契約に定められた内容に則って、法令に基づいた適切な退職通知を行わなかった場合、債務不履行として、会社から損害賠償請求を負う可能性があります。

多くの場合は突然退職したり、引き継ぎを求められていたのにも関わらず、それに応じずに辞めるなど、会社にとって大きな損害が生じた場合に、損害賠償請求をされる恐れがあります。

しかし、退職代行サービスを利用している大多数の場合は、会社から損害賠償をされるケースはほとんどありません。なぜなら退職代行サービスを請け負う会社としても、そのようなトラブルは事前に回避するよう、しっかりと退職までの流れを確認した上で実行していることがほとんどだからです。まれに「即日退職可能!」や「損害賠償請求は絶対にされません!」などと表示している業者も中にはあるようですが、あまり安易にそのような表現をしている業者というのは、注意が必要です。

絶対に損害賠償請求されないという保証はどこにも有りませんし、辞めた方は責任に問われないという保証も有りません。退職代行サービスを利用する際には、こうしたリスクもあるということを念頭に入れておくことは大切です。逆にこれさえ理解できていれば、そこまで神経質に心配する必要はありませんので安心してください。

3.退職までの社内生活環境の悪化(いじめやパワハラなど)

退職代行を利用したとしても、退職までの時間出社している場合は、いじめやパワハラのような不当な扱いを受ける可能性はあります。できれば退職までは、有給消化などで出社しなくても良いという選択をしたいところではありますが、有給がない場合や引き継ぎ等ある場合には、どうしも出社を余儀なくされることもあるでしょう。

退職代行サービスを利用したことで、こうした不当な扱いが、エスカレートする可能性というのは否めません。有給休暇が無い場合でも会社と相談した上で、出社をしなくても良いという流れにするのが、こうしたリスク回避には最も効果的です。

4.退職後の手続書類が送られて来ない

退職代行サービスの利用の有無にはあまり関係ありませんが、退職後の手続きに必要な書類(離職票)の提出や会社にある私物の変換などに、会社が応じてくれないという場合が考えられます。こればかりは辞めてみないと分かりませんが、退職後ズルズルと辞めた会社との連絡が続くのは、 苦痛でしかありません。離職票など雇用保険の手続きに必要な書類に関しては、ハローワークなどに相談すれば、ハローワークから会社へ連絡を入れてもらうことなども可能かもしれません。私物に関しては、最悪諦めるという考えで、捨ててきたと割り切ることも必要です。

5.退職代行サービス業者の選定失敗

先程も少し挙げま下が、退職代行サービスはここ数年で急激に成長しているサービスです。サービス提供を行う業者というのも、新しい業者が次から次へと林立して来ている状況です。中には、悪徳と呼ばれる業者も出て来ているようなので、サービス業者の選定は慎重に行う必要があるでしょう。

現状の退職代行サービスを提供する業者には、民間企業が提供しているサービスと弁護士が提供しているサービスの2種類があります。退職一連の流れにおいて提供できるサービスの範囲が、民間と弁護士では異なりますので、現状自分が置かれた状況に応じて、サービス業者の選定を行うことが重要です。

そもそも退職代行サービスの内容や流れについてなど、退職代行サービス比較検討において必要な情報などは以下にまとめてありますので、参考にしてみてください。

まとめ

ここまで退職代行サービス利用における考えられる問題点やトラブルについて紹介してきました。
退職は人生においても節目の出来事です。できることなら、お互い気持ちよく継ぎのステップへ行けるよう進めたいものですが、なかなかそうできないがために退職代行サービスの利用が増えているのが現状です。

現状の退職代行サービスの利用においては大きな問題点やトラブルなどが指摘されていることはありません。しかし今後はサービス提供業者の増加による質の低下による、トラブルなどが増えてくることは予想されます。こうした問題やトラブル回避のためにも、退職代行利用業者の選定には、十分時間をかけ納得した上で行うことが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました