派遣でも産休・育休は取得できる? 2回経験して分かったこと

仕事

派遣社員として働きながら、結婚・出産を控えている方にとって、産休・育休取得ができるのかどうかはとても重要な問題だと思います。今回は私が実際に派遣社員として産休・育休を取得した際の条件や手続きの流れについて紹介します!

派遣社員でも本当に産休・育休は取得できるの?

派遣社員として働きながら、結婚をし出産を控えている方にとって、
産休・育休が取得できるのか心配をされている方も多いと思います。

私自身結婚を機に派遣社員として働いていました。
初めて 産休・育休 を取得したのは、1人目の息子を産んだ時です。
今の派遣会社で産休・育休をいただきました。
そして今回の妊娠に関してもありがたいことに、条件を満たしていたため
産休・育休をいただける運びとなりました。

大手企業の正社員の方は別ですが、正直中小企業の正社員の方たちでも
産休・育休を取得するということが難しい世の中です。
そんな中、派遣社員で産休・育休をいただけること(しかも2回も)
大変驚きと感謝の気持ちでいっぱいです。
今回は私が派遣社員として産休・育休を取得した際の流れについて、紹介したいと思います。
派遣社員の方でこれから出産・育休を控えている方はぜひ参考にしてみてください。

派遣社員で産休・育休を取るため条件

派遣社員として産休・育休を取得するためには色々な条件があります。
これは所属している派遣会社によって違います。
ちなみに私が所属していた派遣会社はアデコになります。
アデコで産休・育休を取得するための条件は以下の通りです。

産前産後休業(産休)

産前産後休業いわゆる産休に関しては、派遣社員うんぬんというよりも、
その詳細は労働基準法第65条に定められています。
産前休業は本人の請求(意思)により取得することができ、
産後休業は本人の請求(意思)とは関係なく雇用主が強制的に与える必要があります。

育児休業(育休)

育児休業いわゆる育休は産休に比べて若干ハードルは高くなっていますが、
基本継続して派遣社員として働いている方であれば、十分当てはまる方が多いと思いますので、
あまり心配はいらないのかなと思います。

  • 同一事業主に一年以上継続して雇用されていること
    ※派遣先が変更になっていても継続1年には関係ありません。
     派遣元の会社を1年以内に変更していなければ大丈夫です。
  • 子が1歳に達する日を超えて雇用関係が継続すること
  • 子が1歳に達する日から1年を経過する日までに個別契約期間が満了し、更新されないことが明らかでないこと。

参考:https://my.adecco.jp/service/auth/at_work/regulation/

職場(派遣元・派遣先)への伝え方

産休・育休の取得条件に該当することが分かり、いざ取得の申請をする場合、
職場へはどう伝えたらいいのか悩みますよね。

派遣元への伝え方

私の場合は幸い派遣元の担当営業の方がとても話しやすい方たちでしたので、
とても気軽に伝えることができました。

妊娠週数や安定期に入ってからなど色々とありますが、
体の状況とタイミングを見ながら、派遣元の営業担当者の方が月に1度面談へ来てくれる
タイミングでお話
されることをおすすめします。

これは人により価値観の違いもあるので、何とも言えませんが、
私はとてもお世話になったと思っているので直接、面と向かって伝えたいと思いこのタイミングを選び 2回とも報告しました。

派遣先への伝え方

派遣先との関係は職場によっても異なりますし、
上司がどんな方なのか似最寄り大きく変わってくると思います。

私の場合はこちらも2回とも上司に恵まれとても良い方たちでしたので、
とても伝えやすかったです。
手順としては礼儀としてまずはお話したいことがあるので、
時間の調整をお願いするようメールで伝えました。

忙しい方が多かったのですが、しっかりと時間を取って
話を聞いていただくことができました。

初めての産休・育休の際に分かってはいた事なのですが、
多くの場合産休・育休を明けて同じ派遣先に戻れるという保証はありません。
タイミングによって状況も変わります。
しかし、上司へお伝えする際にはまた戻って来たいという思いがある場合には、
しっかりとお伝えしておくこと
をおすすめします。
伝えられた上司も働きやすい環境であったということが分かり、
お互い円満に進めることができます。

私は業務の都合上、安定期前にお伝えしていたため、
他の社員の方にはお腹が出て来たら個別でお伝えさせていただく旨も一緒にお願いしました。

ここまで色々と伝え方についてお話して来ましたが、 最終的にはお互いが気持ち良く
最後まで働けることが大切
だと思いますので、
その状況に応じて相手の立場を考えながら、伝え方やタイミングを見計らうことが
最善と言えます。

手続きの流れについて

職場にしっかりと意思表示をしたら、実際の手続きへと進みます。
基本的には派遣元の営業担当者の方と一緒に手続きを進めて行くので、
こちらで特別準備することはありません。
以下のような書類が配布されますので、記入をして提出します。

  • 産前産後休業届
  • 育児休業申出書
  • 出産育児一時金請求書
  • 出産手当金請求書

この他に有給休暇の残日数と、契約状況などを確認しながら、
出産予定日前位42日(6週)を目処に産前休業に入るスケジュールを確認
します。
その間自分の代わりに派遣先へと入る方の選定や打ち合わせ、引き継ぎ等もありますので、
余裕をもって相談しながら進められると安心です。

ここでも一番に考えていたのは、もちろん自分の体優先ではありますが、
極力派遣元や派遣先にとって不利益にならないような形で手続きをすすめることです。
何度も申し上げますがお互いが気持ち良く最後まで働けることが何よりも大切だと思います。

まとめ

派遣社員でも産休・育休は取れるのかな?と不安に思っている方、安心してください。
就業規則にもあるように、条件さえ満たしていれば、産休・育休を取得することは可能です。
もちろん所属する派遣会社の規定にもよりますが、働き方改革も騒がれる昨今、
産休・育休取得に関しては、力を入れて取り組んでいる会社が多いのも現実です。
少なくともアデコに関して言えば、産休・育休取得可能だと私自身が証明できます。

派遣社員でも正社員にも言えることですが、産休・育休の取得ができるかできないか
ということはもちろん大切ですが、それ以前に働く姿勢や職場での人間関係は
もっと大切
だと思います。
これから結婚・出産を控えながら派遣で働く方にはぜひその点を理解した上で、
いざ自分がその立場になった時に心から祝福されるような関係にあって欲しいと思います。

PR便利がいっぱい!生協の宅配サービス お申し込みはコチラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました