リモートワーク実はデメリットだらけ?!【メリット・デメリット】徹底解説!

リモートワーク

この記事では、リモートワークをしてみたい人、興味のある人に対して、リモートワークとはどんな働き方なのか、リモートワークで働く事によるメリット・デメリットにについて紹介します。

自由な場所で働きたい!リモートワークは本当に理想の働き方なの?

通勤時間ゼロ!場所を選ばずどこでも仕事ができる働き方として、注目を集めるリモートワーク。
自宅で仕事できるなんて理想だわ!と考えている方も多いかもしれません。
実際に私自身リモートワークで働く前までは、単純にそう考えていました。

基本オフィスや現場に出向かず業務を行うリモートワーク。
理想の働き方である一方、遠隔で作業を行いどこでも仕事ができるが故に起こる問題や障害などもあります。
今回はそんなリモートワークをする上でのメリットデメリットについて紹介したいと思います。

リモートワークとは?

リモートワークとはどんな働き方なのかについては以下の記事で説明していますので、
もう一度内容確認したい方はご覧ください。

リモートワークの位置づけと関連する言葉との違い

リモートワークとは、リモート(遠隔で)ワーク(仕事)の造語で、この他にも「テレワーク」「ノマドワーク」と言う言葉で表現されていることもあります。
ほぼ同意義として使われていることが多いですが、厳密には似ているようで違います。
それぞれの言葉の意味と違いについて説明します。

在宅勤務との違い

最もリモートワークと意味が近い言葉として「在宅勤務」があります。
でもなんか違う。と違和感を持つ方も多いと思いますが、この違和感に関しては、
歴史的な背景が関係していると言えます。
そもそも在宅勤務の先駆けは、1970年代に企業内が設置したコールセンターの増加により、
自宅にいながら勤務できる働き方が生まれたのがきっかけです。
もちろん当時はインターネットも普及しておりませんし、カフェやコワーキングスペースといった
サービスなども有りません
でした。
そんな背景もあり、当然遠隔地で働く=自宅勤務を指す事によりこの言葉が生まれたと言えます。
その点リモートワークにおいては必ずしも仕事をする場所が自宅とは限りませんから、
在宅という言葉に違和感を覚える訳です。

テレワークとの違い

テレワークとは、「情報通信技術(ICT = Information and Communication Technology)を
活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方」として日本テレワーク協会により
定義されています。
細かく分けるとテレワークの中には、雇用型のテレワークと自営型のテレワークが存在します。
リモートワークは、基本企業に雇われている従業員を指していますが、
テレワークに関して言えば、個人事業主自営業者なども含まれており、
広義でのICTを利用した勤務形態全体を指しています。

ノマドワークとの違い

ノマドワークの「ノマド」はフランス語で「遊牧民」を語源としており、
雇用形態や有無に限らず、勤務地を特定せずに仕事をしている人たちのことを指しています。
システムエンジニアやデザイナーなどフリーランスとして働く方でも、
企業に雇用され働いている人でも、特定の場所ではなく色々な場所で仕事をしていたら、
それはノマドワーカーと
して該当します。
テレワークのように広義でICTを利用した勤務形態全体を指し示している言葉として、
テレワークの現代用語として認識しておくといいかもしれません。

働く側から見るメリット・デメリット

ここからは、本題であるリモートワークのメリット・デメリットについてです。
まずは働らく側から見るリモートワークの メリット・デメリットについて まとめてみました。

メリット

通勤時間0!好きな場所で働ける

リモートワーク最大のメリットと言っても過言ではありません。
特定の場所に出向く必要も無いので、肉体的にも精神的にもストレスのある満員電車に
乗る必要もありません。
着の身着のままとは言いませんが、自分のお気に入りの場所を仕事スペースにすることが
できます。
働く時間や時期なども仕事内容によっては選べる可能性も高いので、
時間と場所どちらも自由を手に入れることができることも夢ではありません!

私服OK(お化粧とかある程度適当でも大丈夫 笑)

私服はもちろん、女性であれば外出するために行う準備をある程度手を抜くこともできます。笑
男性であっても、お客様との打ち合わせは基本オンラインもしくはお電話になりますので、
変な話上半身だけしっかりしておけば問題ないとも言えます。
これはその人にも寄ると思いますが、私の場合はどちらかというと身なりをしっかりしないと、
仕事スイッチが入らないので、比較的しっかりとしている方ですね。たぶん。

自分のやり方や工夫次第で効率UPが図れる

仕事に使うツールや手順など、自分で考え決めることができるので、工夫次第で仕事の生産性や
効率もアップ
することができます。
オフィスにいると無駄に人と話してしまったり、夜のお付き合い等が発生しますが、リモート
であればそうした部分も省くことができるので、業務により集中して取り組むことができます。

家事育児などに割く時間が確保できる

フルタイム勤務が難しいワーキングママにとって、リモートワークは正に理想の働き方
かもしれません。

通勤時間に使っていた朝の時間を家事に回すこともできますし、子供の急な発熱などにも
対応しやすい職場環境と言えます。
私の場合は、最悪子供を見ながらでも仕事ができるので、保育園出席停止の病気や感染症に
子供がかかった場合でも、自宅で業務しています。(汗)

デメリット

運動不足になる

通勤って意外と運動になっていた?!と思うほど、運動量が減ります。
まず歩くことがあまりなくなります。
私の同僚はお昼休みに散歩を日課にしているくらい、意識的に体を動かさないと本当に太る一方
なので要注意です!

wifi環境が無いと仕事できない

自由に好きな場所で仕事ができると言っても、通信手段であるwifiがなければ、
何も始まりません。
もちろんオフラインで行える業務もあると思いますが、
基本出社に関しての勤怠などオンラインで管理しているところが多いと思いますので、
どうしてもwifi環境に依存してしまうことは否め無いでしょう。

孤独を感じる

これに関しては、私の場合はあまり感じません。
その企業にもよりますが、全く画面を繋がずに作業をすることが前提の場合は、
やはり文字ベースのコミュニケーションしか無いので、孤独を感じることがあるかも知れません。
時々無駄話したいなと思うこともありますが、そんな時は私の場合Slackや画面上で
積極的に話かけてしまいます。(相手にとっては迷惑行為かも知れませんのでご注意ください)

コワーキングスペースイベントなどに積極的に参加して、同じ境遇の仲間を作るのも
いいでしょう。
自分から発信することで孤独感を感じずに仕事をすることもできますので、
実践してみてください!

イベント情報はこちら!

ONとOFFの切り替えが難しい

自宅で仕事をするということは、生活環境に仕事が入ってくるということになります。
普段リラックスしている空間の中で仕事をするということは、切り替えが上手くできない
こともあります。
私の場合は先程も少し話ましたが、お化粧をしっかりしたり、きっちりと身なりを整えることが、
仕事へのONスイッチとなっています。
自分なりの切り替えポイントを見つけて、実践してみてください。

雇う側から見るメリット・デメリット

メリット

経費削減が期待できる

交通費や光熱費など、オフィスに通ってもらうことによって発生する様々な経費が、
リモートワークになることで削減につながります。
もちろんそれ相応の手当として、電気代や通信費などをお支払いする必要はあるかと思いますが、
会社全体としてみると、経費削減になることは間違いありません!

離職率低下に繋がる

今までは家庭の事情などで通勤が難しくなると退職せざるおえなかった優秀な人材も、
リモートワークでなら就業が可能
になります。
多様な働き方が可能になることで、従業員の満足感も上がり、結果離職防止にも効果が
期待
できます。

生産性アップが見込める

働いている側から見るメリットについても紹介しましたが、
リモートワークをしていると、自分で工夫しながら作業効率をアップすることが可能になり、
働きやすさを追求しながら働くことができます。
その結果生産性のアップにも繋がることが十分に期待できます。

デメリット

評価が難しくなる

決められた場所で決められた時間働く社員と違い、勤務態度など評価する要素が
格段に減ってしまうため、リモートワークでは評価が難しくなることが懸念
されます。
評価基準はあくまで成果となりますが、この成果の定義が曖昧であると、
リモ-ワークだと評価されにくいとも考えられてしまいます。
成果の定義を明確にして、評価の基準をしっかりと定めることがリモートワークには重要なことであると言えます。

コミュニケーション不足による弊害

非生産的な会議やミーティングと行った無駄なコミュニケーションが減り生産性が
上がる分には良いのですが、と同時に信頼関係を築き上げるための必要なコミュニケーションも
一緒に不足してしまう
ということが考えられます。
仕事をしていく上で人としての信頼関係はとても大切です。
必要なコミュニケーションとそうでないコミュニケーションの定義をしっかりと持った上で、
必要なコミュニケーションが取れる環境整備をすることが雇う側としては大切です。

従業員のモチベーションコントロールが難しい

基本リモートワークの場合は仕事の進め方や方法については、その個々人に帰属します。
もちろんチームで取り組む案件もあるかと思いますが、個人のモチベーションアップのための
声がけや相談に応じることが難しい
こともあります。
同じ業務に従事するもの同士、またはチームリーダーなどを通じて、
従業員のモチベーションアップ図りながら業務をすすめることができる仕組み作りも大切です。

生産性が上がるか下がるかやってみなければ分からない

リモートワークをやってみて、その結果自分の努力次第で生産性大幅に挙げる人もいれば、
全く上がらないという人もいます。
生産性が上がるかどうかについては、その従業員によってい違いが出て来てしまうことが多く、
必ずしも上がるという訳では無いということは理解しておく必要があります。

もちろん会社としては、生産性ができるだけ上がるように、コミュニケーションツールの導入や
働き方の指針、目標などについて明確にしておくことが大切です。

まとめ

リモートワークで働くということ=全てが自由ということではありません。
遠隔だからこそのメリットもあれば自由であるが故に出てくる弊害も多く存在します。
こればかりは実際に働いてみないと実感することは難しいと思いますが、
私自身メリットであると感じていたことが、働いてみたらデメリットにもなった
ということも多々あります。

まだまだリモートワークで働いている人は、少ないからこそ、今働いている人が、
働く側と雇う側がお互い納得できる働き方を今後見つけて行く必要があるのではないかと
思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました