子育てとの両立は無理! リモートワークの理想と現実

リモートワーク

この記事では、リモートワークをしてみたい人、興味のある人に対して、リモートワークとはどんな働き方なのか、家事や子育てとの両立には最適だとよく言われているが、本当に家事育児との両立はできるのか?について紹介します。

本当は家事育児とリモートワークの相性は悪い?

政府主導で行われている働き方改革の一環として、近年注目されている働き方が、場所にとらわれない働き方があります。いわゆるリモートワークやテレワーク、在宅ワーク、ノマドワークと呼ばれている働き方で、会社に出社せずとも、自宅やコワーキングスペース、場合によってはカフェなど、お気に入りのスペースで仕事ができる働き方です。

企業がリモートワークなどを取り入れる背景には、家事や育児介護、家族の都合などにより通勤な困難になり、優秀な人材だが働けなくなってしまった人に働き続けてもらうなど離職率の低下が挙げられます。また、エリアに縛られず優秀な人材を日本国内ないし海外在住でも雇用することができることなどがメリットとして挙げられます。私達働く側にとっても、時間に融通がきくことや、地方にいながら都市部の会社に雇用されることで、都心と同じ給与水準で働けるなど色々なメリットがあります。

今回は特に家事や子育てを理由にリモートワークを選択する際に、本当に家事育児との両立できるのか?大変なところ、楽になるところなど、 理想と現実、メリット・デメリットについて紹介します。

育て世代がリモートワークで働くメリット・デメリット

特に子育て中の方がリモートワークで働く上でのメリットとデメリットには、どんなことが挙げられるのでしょうか?一般的なリモートワークのメリット・デメリットについては以下記事にまとめていますので、参考にしてみてください。

メリット

引越しに身構えずにすむ

家族の事情(夫の転勤やマイホーム購入など)による転居は、 ちょうど子育て世代が働く上での悩みと重なります。リモートワークなら働く場所に縛られないので、引越しにも左右されずに
働き続けることができます。ただし、会社の就業条件にもよりますので、一部出社が必要なリモートワークとなると、出社をオンラインMTGにしてもらうなどの相談は必要になります。
会社と相談した上で、長く働き続けられる条件に標準を合わせて行くことは、会社にとっても働く側にとってもメリットが大きくなりますので、積極的に相談しましょう。

時間を有効活用できる

男性の場合と女性の場合で少し働き方や子育てに関する意識の差はありますが、通勤時間の短縮や仕事をしながら片手間に子どもを見るということをリモートワークは可能にします。その分、急な発熱や長引く感染症などに対応するときでも、リモートワークであれば、病院へ連れて行った後に、寝ている間に仕事をすすめることも可能です。家事であれば、急な雨が降ってきても洗濯物を濡らす事なく、取り込むこともできます。休憩時間の合間に夕食の準備をすすめることもできるでしょう。

もちろん時間の活用には、業務に支障が出ないよう十分注意が必要です。スキマ時間は活用する。でも絶対業務に支障や遅れは出してはいけません!それが条件とも言えます。

子供の成長に寄り添える

リモートをすることで自宅にいる時間が長くなり、それと比例して、 子供の成長を見る機会も増えます。子供の成長はあっという間ですし、昨日できなかったことも、今日急にできたりすることもあります。他愛もない会話も増えますし、業務が終わればすぐに遊ぶこともできるでしょう。結果仕事をすることで見逃してしまいがちな子供の成長に、しっかり寄り添いながら働くことができます。

デメリット

集中力の欠如

どうしても子供が視界に入る分、集中力が散漫になりがちです。もちろん子供の月齢にもよりますが、目を話せない子(よちよち歩き、何でも口に入れるなど)であればなおさら見ていなければならない時間が増えます。子供の機嫌もありますし、子供がいることで自分の集中力も子供に左右されてしまうということには覚悟が必要です。それをストレスと感じる場合には、どうしても長時間みっちり集中したい時などは、一時預かりなどを利用し子供をお預けするのも、いいと思います。

オンオフの切り替えが難しい

自宅で作業する場合、日常生活の中に仕事が入り込む形になります。ですから、どうしたって生活の一部になりがちなところを、自分でオン・オフのスイッチを切り替える必要があります。ここが上手く行かないと、いつまでたっても仕事が終わらない感覚に陥ったり、常に仕事のことを考えながら生活を送ることになります。メリハリを付けて仕事をすることが、ストレスを溜めないことにも繋がるし、家族との時間を有意義に過ごすことにも繋がります。

正直ここが辛い!理想と現実がここに!

普段の生活空間に仕事を持ち込むということは、プライベートに仕事を持ち込むということ。
私が実際にリモートワークをしてみて、正直ここが辛かったということをいくつか紹介します。

子供の状況に合わせて途中でも仕事を切り上げる

子供の状況に合わせて、どんなに仕事が中途半端でも切り上げなくてはならないこともあります。そんな時は勇気を出して、仕事を投げ出しましょう。そもそも通勤していたら、出勤すらできずに仕事には少しも手がつけられなかったでしょう。きっぱりとやらないことも時には大切です!

休む時は休む

子供が熱でうなされている時、通常会社を休めばみっちり子供の為に時間を使えます。しかしリモートワークではやろうと思えば仕事は自宅でもできます。しかし、そんな時に無理に仕事をすると、子供への罪悪感はもちろん、自分の中にもストレスが生まれます。そんな時はリモートワークでもきっぱりと休むことをおすすめします。

作業時間は早朝や深夜に確保することも

子供が寝ている時間は、自分だけの静かな時間でもありますが、仕事が捗る時間でもあります。
結果自分の時間を削りながら、細切れで作業することも多々あります。日中の子供との時間を優先するとどこかしらでしわ寄せがあるということは覚悟しましょう。

まとめ

リモートワークこそ家事育児との両立において、理想の働き方だと思う方も多いと思いますが、現実的にはメリット・デメリットがあることは理解しておく必要があります。いざ働き始めてから、思っていた働き方との違いにギャップを感じて、ストレスを貯めてしまっては本末転倒です。また、自宅で仕事をするということは家族の理解も必要です。自分も家族も納得のできる働き方としてリモートワークが適しているのか、よく話し合い理解をしてもらうことが重要です。

ちなみに私は、リモートワークをして結論としては良かったと思います。 詳しくは以下記事にまとめてありますので、悩んでいる方は参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました